人間総合科学研究科

List of SchoolsResearch FieldsApplication FormEntry Example

博士前期課程

大学院 設置基準第14条に定める教育方法の特例について

社会人特別選抜で出願する場合は、お読みください。

特例による教育について

  1. 科学技術の進歩や社会の複雑高度化に伴い、大学院における社会人の再教育の要請が著しく、このため大学院設置基準第14条は、「大学院の課程においては、教育上特別の必要があると認められる場合には、夜間その他特定の時間又は時期において授業又は研究指導を行う等の適当な方法により教育を行うことができる。」旨規定しています。

    本学の大学院では、これまで高度な専門職業人の養成と有職者の再教育について多くの実績を挙げてきましたが、この第14条を適用することにより、多くの有望な社会人が在職のまま大学院の教育を受け、教育研究及び実践上の指導的役割を果たし得る学識と能力を培う機会を得ることができ、社会の需要に応えられるような教育、研究活動の充実を図っています。

  2. 履修方法
    大学院設置基準第14条に定める教育方法の特例の趣旨を最大限に活用して、職業を有する学生の便宜等を配慮するとともに、大学院教育の水準を維持することにも留意し、上記特例の適用を受ける者の履修方法は、次のとおりです。

    ①障害科学専攻
    1. 1)上記特例の適用を希望する者は、標準修業年限2年のうち、昼間及び集中等において開設する授業科目から課程修了に必要な30単位以上を修得してください。
    2. 2)教育方法の特例の適用を希望する者は、当該年度の当初に、あらかじめ指導教員と専攻長に履修計画書を提出し承認を受けてください。
    3. 3)課程修了のための標準的な履修は、次のとおりです。
      課程修了のための履修方法 左のうち集中等における履修
      障害科学 基礎科目のうち基礎コア科目として6単位を、専門科目の中から20単位以上を修得し、専門基礎科目、推奨する大学院共通科目を含めて、合計30単位以上を修得すること。
      修士論文の審査及び最終試験に合格すること。
      専門科目 3単位以上