教育研究科

List of SchoolsResearch FieldsApplication FormEntry Example

修士課程

大学院設置基準第14条に定める教育方法の特例について

1.特例による教育について

  1. 科学技術の進歩や社会の複雑高度化に伴い、大学院における社会人の再教育の要請が著しく、このため大学院設置基準第14条は、「大学院の課程においては、教育上特別の必要があると認められる場合には、夜間その他特定の時間又は時期において授業又は研究指導を行う等の適当な方法により教育を行うことができる。」旨規定しています。
    本学の大学院修士課程では、これまで高度な専門職業人の養成と有職者の再教育について多くの実績を挙げてきましたが、この第14条を適用することにより、多くの有望な社会人が在職のまま大学院の教育を受け、教育研究及び実践上の指導的役割を果たし得る学識と能力を培う機会を得ることができ、社会の需要に応えられるような教育、研究活動の充実を図っています。

  2. 履修方法
    大学院設置基準第14条に定める教育方法の特例の趣旨を最大限に活用して、職業を有する学生の便宜に配慮するとともに、大学院教育の水準を維持することにも留意し、上記特例の適用を希望する者の履修方法を次の通りにしています。

    【社会人】
    1. 上記特例の適用を希望する者は、標準修業年限2年のうち、昼間及び夜間等において開設する授業科目から課程修了に必要な30単位以上を修得してください。
    2. 教育方法の特例の適用を希望する者は、当該年度の当初に、あらかじめ指導教員と研究科長に履修計画書を提出し承認を受けてください。
    3. 課程修了のための標準的な履修は、次のとおりです。
      研究科 課程修了のための履修方法 左のうち夜間等における履修
      教育 スクールリーダーシップ開発 基礎科目 1単位 30単位以上 専門科目
      3単位以上
      専攻共通科目 18単位
      専門科目 11単位
      教科教育 基礎科目 1単位 30単位以上 専門科目
      6単位以上
      専攻共通科目 5単位
      専門科目(コース別) 24単位
    【現職教員1年制プログラム】
    1. 現職教員1年制プログラムに在籍する者は、標準修業年限1年のうち、昼間及び夜間等において開設する授業科目から課程修了に必要な30単位以上を修得してください。
    2. 現職教員1年制プログラムに在籍する者は、当該年度の当初に、あらかじめ指導教員と研究科長に履修計画書を提出し承認を受けてください。
    3. 課程修了のための標準的な履修は、次のとおりです。
      研究科 課程修了のための履修方法 左のうち夜間等における履修
      教育 スクールリーダーシップ開発 基礎科目 1単位 30単位以上 専門科目
      3単位以上
      専攻共通科目 18単位
      専門科目 11単位
      教科教育 基礎科目 1単位 30単位以上 専門科目
      6単位以上
      専攻共通科目 5単位
      専門科目(コース別) 24単位

2.夜間の授業について

  1. 教育方法の特例の実施のため、原則として、毎学期月曜日から金曜日の間、これまでの昼間の授業に加えて、夜間の授業を開講します。
    なお、この授業科目については、今後変更することがあります。

    1. 授業時間
      第7時限 18:00~19:15   第8時限 19:20~20:35
    2. 授業科目
      地理教育研究法IV、地理教育研究法V、歴史教育研究法IV、歴史教育研究法V、公民教育研究法IV、公民教育研究法V、地理教育演習I、地理教育演習II、歴史教育演習I、歴史教育演習II、公民教育演習I、公民教育演習II
      ※不定期開講科目(教員と受講生が相談の上、開講日時等を決定する):スクールリーダー実践研究、スクールリーダー特別研究、学習・生活支援コーディネータ実践研究、学習・生活支援特別研究、国語科研究法a、国語科研究法b、国語科研究法演習a、国語科研究法演習b、数学教育特別研究IIIA、数学教育特別研究IIIB、数学教育特別研究IIIA演習、数学教育特別研究IIIB演習、数学特別研究IIIA、数学特別研究IIIB、数学特別研究IIIA演習、数学特別研究IIIB演習、理科教育特別研究3、理科教育特論、英語科教育学特別研究I、英語科教育学特別研究II、英語科教育学特別演習I、英語科教育学特別演習II