システム情報工学研究科

専攻案内Web入力システム

博士前期課程

6. 選抜方法等

【選抜方法】

提出書類及び学力検査の結果を総合的に判定し、入学候補者を決定します。

【学力検査日程・試験科目等】

下記の日程により実施します。
試験科目は、試験時選択科目以外は事前に選択するものとします。

(1)社会工学専攻(社会工学学位プログラム)(7月期推薦)
7月期 7月4日(火)
科目(配点) 口述試験(100点)
専攻 時間 10:00~17:00
社会工学
(社会工学学位プログラム)
個別面接

口頭発表(5分):志望動機、学習・研究計画、準備状況、修了後の予定について説明する。
総合的質疑応答(10 分):発表内容を含め、総合的な質疑を行う。

(注5)参照
社会工学専攻(社会工学学位プログラム)(8月期(一般入学試験)、2月期(一般入学試験))
8月期 8月24日(木) 8月25日(金)
2月期 2月1日(木) 2月2日(金)
科目(配点) 外国語(100点) 専門科目(100点) 小論文(100点) 口述試験(200点)
専攻 時間 10:00~11:30 13:00~14:30 10:00~17:00
社会工学
(社会工学学位プログラム)
英 語

TOEIC公式認定証またはTOEFL受験者用スコア票の点数を評価

(注2~3)参照
数学(微分積分、線形代数)、ファイナンス、都市・地域計画の3分野から、試験時に1分野を選択する。

(注4~5)参照
図表、データ、英文の読み取りやそれらに基づく考察を論述する。
個別面接

口頭発表(5分):志望動機、学習・研究計画、準備状況、修了後の予定について説明する。

総合的質疑応答(10分):発表内容を含め、総合的な質疑を行う。

(注5~6)参照
社会工学専攻(社会工学学位プログラム)(8月期(社会人特別選抜)、2月期(社会人特別選抜))
8月期 8月25日(金)
2月期 2月2日(金)
科目(配点) 口述試験(100点)
専攻 時間 10:00~17:00
社会工学
(社会工学学位プログラム)
個別面接

口頭発表(5分):志望動機、学習・研究計画、準備状況、修了後の予定について説明する。

総合的質疑応答(15分):発表内容を含め、図表やデータの読み取りによる分析能力や論理的思考能力の確認と総合的な質疑を行う。

(注5)参照

(注)

  1. 受験生は、志望する指導教員(研究分野一覧参照)と必ず出願前に連絡をとってください。社会人特別選抜に出願する場合は、その時に、社会人特別選抜枠で受験することの確認をとってください。第2志望がある場合には、その指導教員とも連絡を取ってください。
  2. 平成27年(2015年)7月以降に受験したTOEIC公式認定証(写真印刷付き)またはTOEFL受験者用スコア票(写真印刷付き)の原本を所定の用紙にはり付け、試験初日の専攻の指定する時に提出してください。(提出方法は、貼付用紙をご確認ください。)
    また、試験初日の専攻の指定する時に提出がなかった場合は、その理由によらず、外国語の科目が欠席扱いとなり、選考の対象外となります。
  3. TOEIC公式認定証またはTOEFL受験者用スコア票のコピー、TOEIC Institutional Program (IP) Score Report および、TOEFL Institutional Test Score Record の提出は認めません。
    また、提出された原本は返却しません。
  4. ファイナンスの出題範囲は、次の指定テキストの内容です。
    (指定テキスト)Jonathan Berk and Peter DeMarzo, Corporate Finance, Global edition of 3rd edition, Pearson (邦訳:コーポレート・ファイナンス 入門編,第2版,久保田敬一他訳 丸善出版)
  5. 専門科目、小論文および口述試験は日本語又は英語のいずれでの解答も可とします。
  6. 一般入学試験において、口述試験の集合時間及び試験時間は、試験初日にお知らせします。
  7. 詳しい情報は専攻のWebページ http://www.sk.tsukuba.ac.jp/PPS/で公開されています。
社会工学専攻(サービス工学学位プログラム)(7月期推薦)
7月期 7月4日(火)
科目(配点) 外国語(100点) 口述試験(200点)
専攻 時間 10:00~17:00
社会工学
(サービス工学学位プログラム)
英 語

TOEIC公式認定証またはTOEFL受験者用スコア票の点数を評価

(注2~3)参照
個別面接

口頭発表:研究計画、キャリアプランについて説明する。

総合的質疑応答: 数学の学力確認を含む総合的な質疑を行う。

(注 1, 6)参照
社会工学専攻(サービス工学学位プログラム)(8月期(一般入学試験)、2月期(一般入学試験))
8月期 8月24日(木) 8月25日(金)
2月期 2月1日(木) 2月2日(金)
科目(配点) 外国語(100点) 専門科目(100点) 口述試験(200点)
専攻 時間 10:00~11:30 10:00~17:00
社会工学
(サービス工学学位プログラム)
英 語
TOEIC公式認定証またはTOEFL受験者用スコア票の点数を評価

(注2~3)参照

数学(微分積分、線形代数)

(注4)参照

個別面接

口頭発表(5分):志望動機、学習・研究計画、準備状況、修了後の予定について説明する。

総合的質疑応答(10分):発表内容を含め、総合的な質疑を行う。

(注5)参照
社会工学専攻(サービス工学学位プログラム)(8月期(社会人特別選抜)、2月期(社会人特別選抜))
8月期 8月24日(木) 8月25日(金)
2月期 2月1日(木) 2月2日(金)
科目(配点) 外国語(100点) 専門科目(100点) 口述試験(200点)
専攻 時間 10:00~11:30 10:00~17:00
社会工学
(サービス工学学位プログラム)
英 語
TOEIC公式認定証またはTOEFL受験者用スコア票の点数を評価

(注2~3)参照

数学(微分積分、線形代数)

(注4)参照

個別面接

口頭発表(5分):志望動機、学習・研究計画、準備状況、修了後の予定について説明する。

総合的質疑応答(10分):発表内容を含め、総合的な質疑を行う。

(注5)参照

(注)

  1. 受験生は、志望する指導教員(研究分野一覧参照)と必ず出願前に連絡をとってください。第2志望がある場合には、その指導教員とも連絡を取ってください。
  2. 平成27年(2015年)7月以降に受験したTOEIC公式認定証(写真印刷付き)またはTOEFL受験者用スコア票(写真印刷付き)の原本を所定の用紙にはり付け、試験初日の専攻の指定する時に提出してください。(提出方法は、貼付用紙をご確認ください。)
    また、試験初日の専攻の指定する時に提出がなかった場合は、その理由によらず、外国語の科目が欠席扱いとなり、選考の対象外となります。
  3. TOEIC公式認定証またはTOEFL受験者用スコア票のコピー、TOEIC Institutional Program (IP) Score Report および、TOEFL Institutional Test Score Record の提出は認めません
    また、提出された原本は返却しません。
  4. 専門科目は日本語又は英語のいずれでの解答も可とします。
  5. 一般入学試験及び社会人特別選抜において、口述試験の集合時間及び試験時間は、試験初日にお知らせします。
  6. 詳しい情報は専攻のWebページ http://www.sk.tsukuba.ac.jp/PPS/で公開されています。
(2)リスク工学専攻(7月期推薦)
7月期 7月4日(火)
科目(配点) 口述試験(200点)
専攻 時間 13:00~17:00
リスク工学
個別面接
(専門分野及び本人の志望などについて試問する。)
リスク工学専攻(8月期(一般入学試験)、2月期(一般入学試験))
8月期 8月24日(木)
2月期 2月1日(木)
科目(配点) 外国語(200点) 口述試験(300点)
専攻 時間 13:00~17:00
リスク工学
英 語

TOEIC公式認定証またはTOEFL受験者用スコア票の点数を評価

(注2~3)参照
個別面接

(専門分野及び本人の志望について試問する。)

リスク工学専攻(8月期(社会人特別選抜)、2月期(社会人特別選抜))
8月期 8月24日(木)
2月期 2月1日(木)
科目(配点) 口述試験(300点)
専攻 時間 13:00~17:00
リスク工学
個別面接
(専門分野及び本人の志望について試問する。)

(注)

  1. 受験生は、志望する指導教員(研究分野一覧参照)と必ず事前に連絡をとってください。第2志望がある場合には、その指導教員とも連絡を取ってください。
  2. 平成27年(2015年)7月以降に受験したTOEIC公式認定証(写真印刷付き)またはTOEFL受験者用スコア票(写真印刷付き)の原本を所定の用紙にはり付け、試験初日の専攻の指定する時に提出してください。(提出方法は、貼付用紙をご確認ください。)
    また、試験初日の専攻の指定する時に提出がなかった場合は、その理由によらず、外国語の科目が欠席扱いとなり、選考の対象外となります。
  3. TOEIC公式認定証またはTOEFL受験者用スコア票のコピー、TOEIC Institutional Program (IP) Score Reportおよび、TOEFL Institutional Test Score Record の提出は認めません
    また、提出された原本は返却しません。
  4. 口述試験の集合時間及び場所等の詳しい情報は、決定次第、専攻のWebページ http://www.risk.tsukuba.ac.jp/の「入試基本情報」で公表します。
(3)コンピュータサイエンス専攻(7月期推薦)
7月期 7月4日(火)
科目(配点) 口述試験(200点)
専攻 時間 13:00~17:00
コンピュータサイエンス
個別面接
(専門分野及び本人の志望などについて試問する。)
コンピュータサイエンス専攻(8月期(一般入学試験)、2月期(一般入学試験))
8月期 8月24日(木) 8月25日(金)
2月期 2月1日(木) 2月2日(金)
科目(配点) 外国語(150点) 基礎科目(300点) 口述試験(300点)
数学,情報基礎
専攻 時間 10:00~11:30 10:00~17:00
コンピュータサイエンス
英 語
TOEIC公式認定証またはTOEFL受験者用スコア票の点数を評価

(注5~6)参照

(基礎的な知識の理解力をみる。)
個別面接

(専門分野及び本人の志望などについて試問する。)

コンピュータサイエンス専攻(8月期(社会人特別選抜)、2月期(社会人特別選抜))
8月期 8月25日(金)
2月期 2月2日(金)
科目(配点) 外国語(100 点) 口述試験(100点)
専攻 時間 10:00~17:00
コンピュータサイエンス
英 語

TOEIC公式認定証またはTOEFL受験者用スコア票の点数を評価

(注5~6)参照
個別面接

(専門分野及び本人の志望について試問する。)

(注)

  1. 受験生は、志望する指導教員(研究分野一覧参照)と必ず事前に連絡をとってください。第2志望がある場合には、その指導教員とも連絡を取ってください。
  2. 基礎科目の試験は、数学の分野から2問, 情報基礎の分野から3問、計5問を出題します。5問中から任意に3問を選んで解答してください。
  3. 情報基礎の出題範囲については、専攻のWebページhttp://www.cs.tsukuba.ac.jp/ の「入試情報」を参照してください。
  4. 平成27年(2015年)7月以降に受験したTOEIC公式認定証(写真印刷付き)またはTOEFL受験者用スコア票(写真印刷付き)の原本を所定の用紙にはり付け、試験初日の専攻の指定する時に提出してください。(提出方法は、貼付用紙をご確認ください。)
    また、試験初日の専攻の指定する時に提出がなかった場合は、その理由によらず、外国語の科目が欠席扱いとなり、選考の対象外となります。
  5. TOEIC公式認定証またはTOEFL受験者用スコア票のコピー、TOEIC Institutional Program (IP) Score Report および、TOEFL Institutional Test Score Record の提出は認めません。
    また、提出された原本は返却しません。
  6. 過去の入学試験で出題された問題や入試に関する詳しい情報は、専攻のWebページ http://www.cs.tsukuba.ac.jp/の「入試情報」で公開されています。
  7. 口述試験の集合時間及び試験時間は、試験初日にお知らせします。

【コンピュータサイエンス英語プログラム】
計算科学分野において、英語による授業を受け学位を取得できるプログラムを実施しています。
履修を希望する者は、入学後にコンピュータサイエンス英語プログラムの履修申請をしてください。
本プログラムの詳細は、http://www.cs.tsukuba.ac.jp/cse/ をご覧ください。
授業科目の詳細はこちら をご覧ください。

【デュアルディグリープログラム】
現在、以下の専攻の博士後期課程とのデュアルディグリープログラムを実施しています。
詳細はこちらをご覧ください。

  • 数理物質科学研究科 物理学専攻
  • 数理物質科学研究科 ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻
  • 生命環境科学研究科 地球環境科学専攻
  • 生命環境科学研究科 生物科学専攻
(4)知能機能システム専攻(7月期推薦)
7月期 7月4日(火)
科目(配点) 外国語(100点) 口述試験(200点)
専攻 時間 10:00~17:00
知能機能システム
英 語

TOEIC公式認定証またはTOEFL受験者用スコア票の点数を評価

(注3~4)参照
個別面接

(各専門に関連する事項、現在の研究内容、志望理由、研究計画、基礎学力(数学)などについて試問する。)

知能機能システム専攻(8月期(一般入学試験))
8月期 8月24日(木)・8月25日(金)
科目(配点) 成績証明書(200点) 外国語(100 点) 口述試験(300点)
専攻 時間 10:00~17:00
知能機能システム

出身(在籍)大学の成績証明書を評価する。
英 語

TOEIC公式認定証またはTOEFL受験者用スコア票の点数を評価

(注3~4)参照
個別面接

①基礎学力(数学)について試問する。
②現在の研究内容、志望理由及び研究計画のプレゼンテーションの後、関連事項について試問する。
(欄外注5に留意してください)

知能機能システム専攻(8月期(社会人特別選抜))
8月期 8月23日(水)
科目(配点) 成績証明書(200点) 外国語(100 点) 口述試験(300点)
専攻 時間 10:00~17:00
知能機能システム

出身(在籍)大学の成績証明書を評価する。
英 語

TOEIC公式認定証またはTOEFL受験者用スコア票の点数を評価

(注3~4)参照
個別面接

これまでの研究(または社会的経験)の内容、志望理由、及び研究計画のプレゼンテーションの後、関連事項について試問する

知能機能システム専攻(2月期(一般入学試験))
2月期 2月2日(金)
科目(配点) 外国語(100点) 口述試験(300点)
専攻 時間 10:00~17:00
知能機能システム
英 語

TOEIC公式認定証またはTOEFL受験者用スコア票の点数を評価

(注3~4)参照
個別面接

①基礎学力(数学)について試問する。
②卒業研究(またはそれに代わるもの)、志望理由及び研究計画のプレゼンテーションの後、関連事項について試問する。

知能機能システム専攻(2月期(社会人特別選抜))
2月期 2月1日(木)
科目(配点) 外国語(100点) 口述試験(300点)
専攻 時間 10:00~17:00
知能機能システム
英 語

TOEIC公式認定証またはTOEFL受験者用スコア票の点数を評価

(注3~4)参照
個別面接

これまでの研究(または社会的経験)の内容、志望理由、及び研究計画のプレゼンテーションの後、関連事項について試問する

(注)

  1. 受験生は、入学後に研究しようとする研究分野の内容及び計画について、出願前に志望する指導教員(研究分野一覧参照)と充分に連絡相談してください。第2志望がある場合には、その指導教員とも連絡を取ってください。
  2. 成績証明書は出願時に提出してください。
  3. 平成27年(2015年)7月以降に受験したTOEIC公式認定証(写真印刷付き)またはTOEFL受験者用スコア票(写真印刷付き)の原本を所定の用紙にはり付け、試験初日の専攻の指定する時に提出してください。(提出方法は、貼付用紙をご確認ください。)
    また、試験初日の専攻の指定する時に提出がなかった場合は、その理由によらず、外国語の科目が欠席扱いとなり、選考の対象外となります。
  4. TOEIC公式認定証またはTOEFL受験者用スコア票のコピー、TOEIC Institutional Program (IP) Score Reportおよび、TOEFL Institutional Test Score Record の提出は認めません。
    なお、提出された原本は返却しません。
  5. 8月期(一般入学試験)において、口述試験①は第1日(午後)に、口述試験②は第1日または第2日(午前)に実施する予定です。口述試験②の実施日の希望は、受験生調書の該当欄に記入してください。遠隔地からの受験生の希望は優先します。集合時間及び口述試験の日程が決まり次第、専攻のWeb ページを通じて告知しますので、必ず確認してください。
  6. 詳しい情報は、専攻のWebページ http://www.iit.tsukuba.ac.jp/で公開されています。
  7. 不明な点は知能機能システム専攻長(entexam@iit.tsukuba.ac.jp)まで問い合わせてください。
(5)構造エネルギー工学専攻(7月期推薦)
7月期 7月4日(火)
科目(配点) 口述試験(200点)
専攻 時間 10:00~17:00
構造エネルギー工学
個別面接
(専門分野及び本人の志望などについて試問する。)
構造エネルギー工学専攻(8月期(一般入学試験)、2月期(一般入学試験))
8月期 8月24日(木)
2月期 2月2日(金)
科目(配点) 成績証明書(200点) 外国語(100点) 口述試験(400点)
専攻 時間 10:00~17:00
構造エネルギー工学
出身(在籍)大学の成績証明書を評価する。
英 語
TOEIC公式認定証またはTOEFL受験者用スコア票の点数を評価

(注3~4)参照

個別面接

①基礎学力(数学(解析及び線形代数)、物理学(力学、熱力学、電磁気学の中から1科目を出願時に選択))について試問する。
②志望理由の説明を受けた後、関連事項について試問する。

構造エネルギー工学専攻(8月期(社会人特別選抜)、2月期(社会人特別選抜))
8月期 8月23日(水)
2月期 2月2日(金)
科目(配点) 口述試験(200点)
専攻 時間 10:00~17:00
構造エネルギー工学
個別面接
(専門分野及び本人の志望について試問する。)

(注)

  1. 受験生は、志望する指導教員(研究分野一覧参照)と必ず事前に連絡をとってください。
  2. 成績証明書は出願時に提出してください。
  3. 平成27年(2015年)7月以降に受験したTOEIC公式認定証(写真印刷付き)またはTOEFL受験者用スコア票(写真印刷付き)の原本を所定の用紙にはり付け、試験初日の専攻の指定する時に提出してください。(提出方法は、貼付用紙をご確認ください。)
    また、試験初日の専攻の指定する時に提出がなかった場合は、その理由によらず、外国語の科目が欠席扱いとなり、選考の対象外となります。
  4. TOEIC 公式認定証またはTOEFL 受験者用スコア票のコピー、TOEIC Institutional Program (IP) Score Report および、TOEFL Institutional Test Score Record の提出は認めません。
    なお、提出された原本は返却しません。
  5. 口述試験の集合時間及び場所等の詳しい情報は、決定次第,専攻のWebページ http://www.kz.tsukuba.ac.jp/EME/index.htmlで公表します。