システム情報工学研究科

専攻案内Web入力システム

博士前期課程

大学院設置基準第14条に定める教育方法の特例について

特例による教育について

  1. 科学技術の進歩や社会の複雑高度化に伴い、大学院における社会人の再教育の要請が著しく、このため大学院設置基準第14 条は、「大学院の課程においては、教育上特別の必要があると認められる場合には、夜間その他特定の時間又は時期において授業又は研究指導を行う等の適当な方法により教育を行うことができる。」旨規定しています。
    本学の大学院修士課程、博士課程では、これまで高度な専門職業人の養成と有職者の再教育について多くの実績を挙げてきましたが、更に多くの有望な社会人が在職のまま大学院の教育を受け、教育研究及び実践上の指導的役割を果たし得る学識と能力を培う機会を得ることができるようなこの第14 条を適用して昼夜開講制を実施し、教育、研究活動の充実を図っています。

  2. 履修方法
    上記特例の適用を受ける者の履修方法は、次のとおりです。

    システム情報工学研究科(博士前期課程)
    1. 標準修業年限2年のうち、昼間〔必修科目(特別演習、特別研究Ⅰ、特別研究Ⅱ)などを含む〕及び 14 条対応として開設する授業科目から課程修了に必要な単位を修得してください。
    2. 当該年度当初にあらかじめ指導教員、専攻長および研究科長に相談して、承認を受けてください。
    3. 14 条対応開設授業科目
      区分 授業科目 (単位) 開設専攻
      専門科目
      または
      専門基礎科目
      特別演習及び特別研究を専攻が定める履修方法に従って8単位~12単位履修する。 各専攻
      専門科目
      適応システム構成論(2単位)△
      知能センサ工学(2単位)△
      生体情報処理特論(2単位)△
      自律移動ロボット学 (2単位)
      知能機能システム特別講義Ⅰ~Ⅴ(各1単位)※

      知能機能システム専攻
        (注)

      • ※印の科目は集中等
      • △印の科目は、知能機能システム専攻に在籍する有職者を対象とする科目です。それぞれ偶数年度または奇数年度に開講されます。
        詳しくは、知能機能システム専攻長(entexam@iit.tsukuba.ac.jp)まで問い合わせてください。