図書館情報メディア研究科

専攻案内Web入力システム

博士前期課程

1. 募集人員

7月期推薦

専攻 募集人員 備考
図書館情報メディア 7名

(注)

  1. 入学は、4月入学となります。
  2. 「長期履修生制度」については、こちらをご覧ください。

8月期・2月期 一般及び図書館情報学キャリアアッププログラム

専攻 募集人員 備考
図書館情報メディア 30名 外国人留学生の出願も可

(注)

  1. 入学は、4月入学となります。
  2. 募集人員の30名は、8月期と2月期の合計人数となります。
  3. 入学志願者は、8月期と2月期のいずれか、または両方を受験することができます。
  4. 「長期履修生制度」については、こちらをご覧ください。

2. 出願資格

【7月期推薦】

平成30年(2018年)3月に学校教育法第83条に規定する大学を卒業見込みの者

推薦要件
  • 出願時までに修得した単位のうち、A(優)の評価を取得した科目の単位が、総取得単位の概ね70%以上を占める者
  • 学(校)長、学部(群)長または所属長等が責任をもって推薦し、合格した場合には入学することを確約できる者

【8月期・2月期】一般及び図書館情報学キャリアアッププログラム

次のいずれかに該当する者
(1)出願資格審査が不要な者

  • 日本国内の大学(4年制)を卒業した者または平成30年(2018年)3月に卒業見込みの者
  • 独立行政法人大学改革支援・学位授与機構において学士の学位を授与された者または平成30年(2018年)3月までに授与見込みの者
  • 外国において学校教育における16年の課程を卒業し、学士の学位を取得した者または平成30年(2018年)3月までに卒業見込み・取得見込みの者
  • 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者及び平成30年(2018年)3月までに修了見込みの者
  • 我が国において、外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者及び平成30年(2018年)3月までに修了見込みの者
     文部科学大臣指定外国大学日本校
    :テンプル大学ジャパン(教養学部、コミュニケーション・シアター学部、芸術学部、観光ビジネス学部)
    :天津中医薬大学中薬学院日本校(中薬課程)
    :北京語言大学東京校(中国語学部中国語学科)
  • 外国において学校教育における16年に満たない課程を修了した者のうち、当該外国の政府・関係機関の認証を受けた者による評価を受けた大学等で、修業年限が3年以上の課程を修了し、学士の学位に相当する学位を授与された者及び平成30年(2018年)3月までに授与される見込みの者
  • 専修学校専門課程の修了者で「高度専門士」の称号を付与された者及び、専修学校専門課程を平成30年(2018年)3月までに修了見込みの者で、「高度専門士」の称号を付与される見込みの者
  • 教育職員免許法(昭和24年法律第147号)による小学校、中学校、高等学校若しくは幼稚園の教諭、若しくは養護教諭の専修免許状または一種免許状を有する者で22歳に達した者など

(2)出願資格審査が必要な者

  • 短大・高専・専修学校・各種学校の卒業者、外国大学日本校、外国人学校その他の教育施設の修了者(見込みを含む。)で、22歳に達した者及び平成30年(2018年)3月までに22歳に達する者
  • 平成30年(2018年)3月末日で大学に3年以上在学した飛び級の者
  • 平成30年(2018年)3月末日で
    ①外国において学校教育における15年の課程を修了した者
    ②外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における15年の課程を修了した者
    ③我が国において外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における15年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者
  • 飛び級により他大学院に入学した者
〈図書館情報キャリアアッププログラム選抜に出願する場合〉

(1)または(2)の条件を満たし、かつ平成30年(2018年)4月1日現在、3年以上の実務経験を有すること

(詳細はこちらから:上記以外の出願資格及び出願資格審査の有無はここで確認してください。)